Month: July 2019
発毛剤の効果や治療費に関する育毛大百科

病院では薄毛治療を受ける事ができますが、どのような治療方法があるのか、そして治療費はどの位なのかなど、あまり詳しく知らない方も多い事でしょう。 そこでチェックしておきたい育毛大百科がありますので解説します。 育毛大百科の基本として病院で処方してもらえる発毛剤についてですが、まず塩化カルプロニウムを含む発毛剤が挙げられます。 塩化カルプロニウムは血管を拡張させて毛根の活動を活性化させる作用のある成分ですが、古くから利用されている発毛剤です。 治療費についてですが、健康保険を使う事ができますの1000円~1500円程度で購入する事ができます。 病院では他にもミノキシジルという成分を含む発毛剤も処方してもらう事ができます。 こちらも血管拡張作用のある成分ですが、塩化カルプロニウム以上に高い効果があると言われています。 臨床試験では9割以上の方に効果が見られたと言われている成分であり、現在最も効果が高い発毛成分と言われています。 ミノキシジルの場合は健康保険が使えませんので治療費は高くなってしまいますし、病院によって料金設定が異なりますが、7000円~30000円程度の費用が掛かるようです。 育毛大百科を理解する上でもう一つの薬の存在を知っておく事をおすすめしますが、その薬というのはフィナステリド薬というものです。 これは塩化カルプロニウムやミノキシジルなどと違い、飲んで利用する薬です。 主に男性型脱毛症の際に処方される薬ですが、脱毛を抑制する作用があります。 その為、フィナステリド薬をプラスする事によって、発毛剤をより効果的に使用できるようになるのです。 この薬を処方してもらう時の治療費ですが、大体10000円程度の費用が掛かります。 治療費は決して安くありませんが、しかし高い効果がある治療でもありますので、薄毛の改善に対して意義のある治療と言えます。

2019年07月16日